まずココから♫東洋医学無料体質チェック

新着情報

INFOMARTION

卵子の質を良くするための100日の努力!

ファンクショナルマッサージ治療室藤沢院です。

「卵子の質を良くしたい」

これはとても多くの方が考える課題です。

 

卵子の質を良くするには、

「卵子の質を悪くする要素」を減らして

「卵子の質を良くする要素」を増やす。

 

この考え方が良いと思います。

 

 

では、、

「卵子の質を悪くする要素」には何があるでしょうか?

少し考えて行きましょう!

①卵巣の血流が悪い

卵子は原始卵胞から育ち始めて、100日〜120日かけて成熟卵になると言われております。

その成長(成熟)の過程で、この血流というものがとっても重要です。

血液によって「酸素」「タンパク質」「ミネラル」「各種ホルモン」などが運ばれてきます。

しっかりと血流の良い状態を維持して、育ち盛りの卵子に栄養を届けましょう!

 

②多くのストレスを抱えている

精神的ストレスや、体の緊張などの肉体的ストレスの蓄積は、卵子の成長にマイナスに働きます・・

この作用には、副腎という臓器が関係しております。

精神的に疲れていたり、肉体的に疲れていたりするとこの「副腎」が頑張りすぎてしまい

卵子の成熟に必要な「タンパク質の合成」をダメにしてしまうと言われております。

 

③糖化(糖分の取りすぎなど)

「糖化」は甘いものや「ご飯」「パン」「パスタ」などを食べた時に、血糖値が180以上になった時に起きると言われております。

高血糖になった時に、タンパク質に糖がこびり付いてしまい、本来の機能が出なくなってしまう状態です。

特に卵子には大きな影響を与えると言われております。

 

 

では逆に卵子の状態を良くする要素は何でしょうか?

①卵子の血流を良くする

これは悪くする要素の逆ですので!わかりやすいですよね?

血流を司っている「神経」の働きを高めて

栄養学的な努力で「毛細血管」の性能を上げる。

 

②ストレスを抜く

精神的ストレスは「体に現れます」

緊張した身体をしっかりと休めて、緊張を解きほぐし、良く眠れる身体を作る。

この要素だけでも、妊娠する人がいるくらいです!

体に緊張が根付いてしまっている場合は、神経を落ち着けるための施術が必要かもしれません。

 

③正しい栄養を摂取する

糖化のところでもお話ししましたが、糖の摂りすぎなど

栄養の偏りは、卵子の質を高める上で大きなマイナスの要素です。

 

 

卵子の質を高めるための栄養は、

「機能的な栄養」

細胞の働きを円滑に進めるための栄養。

「構造的な栄養」

細胞を形作る栄養。

この2つに分けられます。

 

ファンクショナルマッサージ治療室では、これら2つの栄養バランスを考えてアドバイスを

栄養カウンセラーが行います。

特に構造的な栄養(タンパク質・鉄・良質な油)はとっても重要です!

こちらも無料体験で説明させて頂きます。

 

 

身体の緊張をとり、精神的緊張をとり、

骨盤内の血流を良くして卵巣の血流を良くし、

正しい栄養を卵子に供給し、

卵子の成長にマイナスの要素をできるだけ取り去る。

この流れを100日頑張って、多くの方は妊娠出産というゴールを迎えてます!

 

40歳以上の方が、何人もゴールを迎えています!

「正しい妊活」

ぜひ一緒に頑張りましょう。

 

 

contact

ファンクショナルマッサージ藤沢院への
お問い合わせはお気軽に

0466-52-6353

9時~17時最終(月~火曜15時最終・日曜16時最終)
祝日のみ休診