まずココから♫東洋医学無料体質チェック

ブログ

BLOG

妊活中に絶対取りたい栄養3つ

今日は妊活中のかたは

絶対にとってほしい3つの栄養について話します。

 

 

その3つとは

①鉄

②タンパク質

③ビタミンB群 です。

 

 

 

 

 

妊活中に栄養がたくさん必要な理由

 

 

 

普段普通に生活できていても

妊活となった場合栄養が足りていない人は

たくさんいます。

 

自分はすぐに妊娠すると思っていたけど

いざ妊活を始めたら

なかなか妊娠しない・・・

 

 

こういう人はたくさんいます。

そんな方は栄養が足りていないかもしれません。

 

ぜひ意識してこの3つを

とってみてください。

 

 

 

 

妊活中絶対に取りたい3つの栄養

 

 

 

①鉄

②タンパク質

③ビタミンB群

 

この3つは妊活中絶対に必要です。

 

 

 

①鉄

 

 

 

 

 

実は当院に通っている90%の人は貧血です。

貧血の自覚がない方でも

健康診断よりさらに踏み込んだ検査をすると

ほぼ確実に貧血の数値が出ます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

https://functional-fujisawa.com/blog/kakurehinnketu/

 

 

 

 

では、

妊活中なぜ鉄が必要になってくるかというと

赤血球の材料になるからです。

 

赤血球は鉄・酸素・タンパク質

がくっついてできたものです。

 

そのためどれが欠けても赤血球は

うまく作れません。

 

 

赤血球が足りない=貧血です。

 

貧血の状態では

身体が動くのに必要なエネルギー酸素が取り込めません。

 

 

私たちは常に呼吸をしています。

呼吸をして酸素を取り込まなければ死んでしまうからです。

 

 

それは細胞には酸素が必要であり

卵や子宮内膜も酸素をエネルギーにして

作られているからです。

 

 

 

だから

 

赤血球の元になる鉄が絶対に必要なのです。

 

良い卵良い子宮内膜にしようと思ったら

子宮卵巣まで酸素をたっぷり届ける必要があります。

 

 

 

 

〜鉄が足りていない人は〜

 

 

 

貧血の症状がないから貧血ではない

と思っている方もほぼ女性なら足りていません。

妊活中の方は是非全員が実践してほしいです。

 

 

そんな方に意識してほしいのは

赤身の肉を取ること

または

サプリメントで鉄を取ること。

 

両方できるのが1番望ましいです。

 

 

 

サプリメントは必要ですが

それだけでは吸収ができません。

 

食事と一緒に消化吸収

されることによって吸収力がさらにアップします。

 

 

なのでサプリメントを取るときは食後すぐ

食事をするときたくさん噛むようにして

消化しやすい状態で摂るとさらに効果が出ます。

 

 

 

稀に取りすぎてしまうのではないか?

と心配する人がいます。

 

鉄を取りすぎてしまう場合は

血管から注射で入れない限りそこまで

身体には取り込めません。

 

 

もし鉄のサプリメントを飲み始めて

お腹が痛くなったり

便が黒くなったりするのであれば

それは取りすぎではなく消化吸収ができていません。

 

まずは少量から始めるか

他の吸収しやすいサプリメントに変えてみましょう。

 

 

 

 

②タンパク質

 

 

 

 

 

 

タンパク質は今までのブログでも

必要な理由をなんども書かせていただきました。

 

 

タンパク質が妊活中必要な理由は

人間の身体はほぼ水とタンパク質でできています。

 

 

髪の毛・皮膚・内臓・爪などの見えるものから

消化酵素やホルモンにも使われます。

 

タンパク質は常に合成・分解を繰り返し

いろんな臓器や部位に運ばれます。

 

 

足りていなければ合成はできず

古いものでまかなわなければいけません。

 

その後何が起こるのかというと

それが老化です。

 

 

 

赤ちゃんの肌は常にツルツルで

掻き傷などもその日のうちに治ります。

 

それは新陳代謝が良く

タンパク質の合成が早いからです。

 

一方年齢を重ねると新陳代謝は悪くなり

栄養が不足した状態では

新しくタンパク質を合成できません。

 

 

そのため新しく卵を育てるという機能は

うまく働かないのがわかります。

 

 

しかし、それはタンパク質が足りていな人の場合!

 

 

タンパク質がしっかり取れて入れば

身体の中ではタンパク質が合成され

良い卵が育ちます。

 

 

積極的にタンパク質を取り新陳代謝をあげましょう。

 

 

 

〜タンパク質が足りていない人は〜

 

 

 

タンパク質が足りていない人は何を取れば良いか?

 

タンパク質とは例えば

*卵

*魚

*肉

*大豆製品(豆腐や納豆など)

 

 

これらが普段食べやすくて

代表的なタンパク質です。

 

 

 

そのほかにも

*キヌア

*キノコ類

*ブロッコリー

 

なども意外とタンパク質が豊富です。

 

 

これらを組み合わせて料理をしたり

毎食できればこぶし一個分の

タンパク質を摂るようにしましょう。

 

 

私も毎日毎食はこの量は取れませんが

意識してとっていたときは

新陳代謝が上がったのか

手先がいつも冷えていたのが温まりました。

 

 

 

忙しい中で大変ですが

タンパク質はしっかり取りましょう。

 

 

 

 

 

③ビタミンB群

 

 

 

 

 

ビタミンB群

今までの2つはなんとなく想像できたと思いますが

これは意識できてない人も多くいるかもしれませんね。

 

 

ビタミンといえばフルーツに入っているイメージ

だと思いますが

これはお肉に含まれている量が多いです。

 

 

 

先ほどの②につながってきますが

②ではタンパク質が必要と言いました

タンパク質の合成により

新しい卵や子宮内膜が合成されます。

 

 

そこで必要なのがビタミンB群です。

 

タンパク質の合成をしている

ビタミンがビタミンB群なのです。

 

 

それらが足りない状態では

タンパク質の合成はできません。

 

 

 

お肉を食べて胃もたれしやすい人

便秘や下痢になる人は

確実に足りてないと思われます。

 

 

また消化吸収する段階で

ビタミンB群は絶対に必要です。

 

ビタミンB群はもともとうまく

吸収できないのに加えて

体で使う量もたくさんあります。

 

 

そのため妊活中の人は

多めに摂る必要があります。

 

 

 

 

〜ビタミンB群が足りていない人は〜

 

 

 

足りていない人はサプリメントを飲むのが

望ましいといえます。

 

 

食事から十分な量を取ろうと思うと

時間もかかる上に吸収できる量はあまりありません。

 

 

例えば

枯れそうな木に毎日ちょっとずつ水をあげます。

しかしそれでは木は枯れてしまいます。

 

栄養が足りていない人が

ビタミンB群をしっかり摂るためには

サプリメントなどでたっぷり摂らなければ

いけません。

 

 

ビタミンBは水溶性なので

身体に必要ないであれば

尿ででてってくれます。

 

 

是非サプリメントで今日から摂りましょう!

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

今回紹介した3つの栄養は

妊活中は本当に必要です。

 

しかし、取れてない人

もしくは使いすぎている人が多くいます。

 

 

さらにこの栄養はどう運ばれるかというと

血液に乗って子宮卵巣に運ばれます。

 

栄養を摂っても

運ばれないと意味がありません。

 

 

 

鍼灸では末梢の子宮や卵巣の血管が開き

血液が運ばれることが証明されました。

 

 

食事と鍼灸、両方やっていけば

かなりの確率で妊娠までの近道になります。

 

食事はもっと気をつけなければいないことや

その人によって必要なビタミンもまだあります。

 

 

 

当院では栄養療法も熟知した

スタッフが常勤しているため

なんでもご相談いただけます。

 

 

是非一度無料体験にお越しください。

スタッフ一同心よりお待ちしています。

contact

ファンクショナルマッサージ藤沢院への
お問い合わせはお気軽に

0466-52-6353

9時~17時最終(月~火曜15時最終・日曜16時最終)
祝日のみ休診